スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経済学者 日本の最貧困地域に挑む 読了

鈴木亘著、経済学者 日本の最貧困地域に挑む(東洋経済新報社)読了。

死にいたる病 読後感想

セーレン・キルケゴール著、死にいたる病(ちくま学術文庫)読了。

かなり読むのに骨が折れたが、よく読めばわかる。
キルケゴールは19世紀の哲学者・キリスト教論述家で、実存主義哲学の先駆けともされる人物である。
本書は絶望すること(通常の意味の『絶望』とは異なる)と罪に関する、非常に深遠な考察が主な内容。
ただ、例え話は易しい。グサッと来るものが多い。純粋な生き方を追求して、逃げ道を許さないくらい厳しく自己を見つめているので、胸が痛くなる。善いことをするのは善を行う自分に満足するからだとか、そんなの序の口。

こういう自己の妥協を排する禁欲的な考えは、キリスト教世界以外にもみられる。セネカやマルクス・アウレリウス(ストア派、ストイックの語源)はキリスト教徒ではなかった。武士道だってキリスト教徒じゃない。
したがって、このように厳しい自問によって道理を考察する哲学は、キリスト教であるかによらず、普遍的なテーマであるはずだ。
しかし、罪の概念となるとキリスト教は独特で、キルケゴールによれば、罪に対する考え方次第で、神に対して真に敬虔で謙虚であるかが異なることになる。
これを自覚し、神に直面することを認識できるのは、キリスト者だけなのである・・・と、キルケゴールはいう。

キリスト教は他のすべての宗教と異なる(優越すると言いたいんだろ、といったら誤解か)という考え方に、反感を覚える向きは多いと思われる(キルケゴールのアイデンティティだからしょうがないけど)。
そして、『異教の哲学者はこういうだろう、だがやはりそれではだめなのだ』ということまで先回りしてダメ出しされると、なおさら拒絶したくなる。
まぁそんな浅薄ないい方はしていないけどね(^^;;)

だがこうして、神の無限の愛について説いているにもかかわらず、反目が産まれるという皮肉が生じる。
キリスト教はこの皮肉には決して答えない。
なぜなら、これを解決するのは理屈ではなく信仰だから、というのがだいたいのキリスト教の立場だからだ。
哲学や論理で神を理解しようとする姿勢を、キルケゴールは思弁と呼んで否定する。そうではなく、信じること。それが神の前で素直になり、神と直面することなのだ(と言ってるんだとおもうんだけど・・・)。

今まで自分がキリスト教に納得できていない理由はここにあるのかもしれない。
理性で神を理解しようとしても、それで理解できたら神じゃないわな。
だから納得しようという取り組みそのものが神から遠ざかっていることになるわけだ。キルケゴール流に言うと。

そういう自家中毒めいたものに気付いてしまったから、もうこれ以上は進めなくなってしまった。
神を信じるか、異教のままでいるか。キリスト教は、正しさ・善を追求した結果、こういう究極的な二者選択しかなくなって、不寛容な態度を容認する素地ができていったのかもしれない。

信じろ、それだけだ。
ではそれができないヤツはどうなるのか?
キリスト教の歴史では、それは異教徒であり、人間扱いしなくてよい、という理屈になった。少なくともなりがちであった。

キリスト教の教義に忠実な者と、高徳の異教の哲学者と、どっちが愛に近いんだ?

キルケゴールの哲学からはちょっと脱線するが、そんなことも思った。


人生と陽明学 読了

安岡正篤著、人生と陽明学(PHP文庫)読了。

読み始めは時代錯誤な感じがしていささか閉口したが、読んでいくうちに共感するようになった。
善に沿って生きるための根源的な思想(道徳・・・的なものとしか言いようがないのでそう呼ぶか)は、普遍的なものなのである。
時代の空気によって、講話にチョイスされる例え話は受け入れがたいものも混じったりするが、表面だけをもって毛嫌いすべきではない。
古人の知恵は、現代を生きる我々の心に、今なお道理を訴える。温故知新。




アンダーグラウンド 読後感想

村上春樹著、アンダーグラウンド(講談社文庫)読了。

本書は1997年に刊行されたもので、地下鉄サリン事件の被害者のインタビューをまとめた村上春樹によるルポルタージュである。
村上春樹にこんな著書があったことを知らなかった。

医療従事者なので、サリンという化学物質による薬物中毒事件は詳しく知りたいという思いがあってもいいはずなのに、これまであまり調べようと思ったことがなかった。
本書の中で、著者村上の考察として興味深いことが指摘されている。曰く、オウム真理教が国政選挙に打って出た時、多くの人は目立って拒絶せず、いわば見たくないもののように向き合ったのではないかという指摘だ。それは生理的な嫌悪感といってもいいかもしれないが、つまりオウムの内面と鏡合わせのような、正常な『こちら側の』人たちの内面(アンダーグラウンドに隠れているもの)を想起させているのではないか・・・ということで、著者は非常に慎重に言葉を選んでいるが、要はオウムの歪んだ内面に同族嫌悪を感じているからということではなかろうか。だから戦うよりも避けることを選ぶ。
この指摘は、カルト宗教の問題をなんとなく避けてきた自分には、鋭く刺さった。確かに、考えるだけで汚染されるような気がして、嫌だった。
しかし、それでは本質を理解することはできないであろう。本質を理解できず、時間ばかりが過ぎたらどうなるか。
無反省のまま世代交代し、同じ過ちを繰り返すのである。

あれほど世間を騒がせたオウム事件とは何だったのか、その本質が政府や公的機関によって十分に研究され、その結果の反省が世間に認識されたようには、到底思えない。
むしろ風化しつつあるとさえ感じる。

このような、喉元過ぎれば熱さを忘れる的な性格が日本の特徴的病理で、身の回りの組織を見てもそれがよくわかる。
国民的問題で言えば、近年では東日本大震災の時に、その前例に位置付けられる阪神淡路大震災の反省が生かされず大混乱に陥ったという形で表出し、この説の真実らしさを支持している。あの時も、司令塔は後手後手、現場は必死の努力だった。
福島原発の問題もそう。原発事故は起きないという前提で仕事をしていたのだから論外というレベルかもしれない。
もしこれが、前例が太平洋戦争ということになったら、その反省が生かされないとどうなるのか・・・昨今の公人のレベルの低さ、またマスコミへの不信を思うと、これらの問題の本質を看過した末に待ち受ける悲惨はいかなるものになるか、心配になってくる。
奇しくも本書中のインタビューにあった。日本には、このような大規模災害に迅速に対応するシステムがないのだ、という信州大学病院長の指摘である。この人は松本サリン事件で被害者を受け入れた経験を持つ。すなわち地下鉄サリン事件の『前例』を経験し、その反省によって日本社会の本質的な問題を発見したのだが、社会がその反省を共有しなかった。それは、地下鉄サリン事件から18年経って、東日本大震災の時の社会の右往左往ぶりで証明されたと思うが、どうか。


また、著者の重要な主張として、オウム側の論理ばかりを、正常な『こちら側』の理屈で解剖しても不十分であり、私たち自身の内面を研究することと合わせて、やっとこの事件の本質を理解できるのだ、というものもある。
だから丹念なインタビューが必要で、彼ら被害者たちの言葉の中には、間違いなく『こちら側』の内面が反映される。

実は・・・この本を読んでいて気がついたのだが、異常を来して座り込んだり、倒れたりしてる人々を横目で見つつも、「変だな」と思いながら立ち止まらず、助けようともしなかったことを告白しているインタビュイー(インタビューを受ける人)が、結構いたのである。都会の人はなんて薄情なのか、と一瞬思うのだが、すぐにハッとする。もし自分がその場にいたら、果たして介抱しただろうか、いや、やはり、変だとは思いつつも歩き去ったのではないか・・・と。

オウムはもちろんとんでもないが、我々がイノセントかというと、そうでもないような気がしてくる。
立場が違うと見解が対立するが、落ち着いて考えれば自分たちにも譲るべき余地はあったな、なんて、実社会ではよくそんなことを経験するので、人間何事も相対的に見つめなければいかん、ということはよくわかっているつもりだ。が、このオウムという深刻な事件で生半可な考えを基にそんなことを言えば、社会から袋叩きにあう(本文中で著者もそう言っている)。
しかし、多くの人にインタビューしてみると、『こちら側』の何かが、オウムを産んだように思えてこないか?袋叩きに遭うであろうという予測は、我々がこのような気に入らない意見に正面から戦いたくない何かを持っているという直感から生まれるのではないか?
これが、著者村上が、慎重に慎重を重ねて述べている危惧であると同時に、アンダーグラウンドという書名に込めた意味ではないかと思うのである。





西南戦争―西郷隆盛と日本最後の内戦 読了

小川原正道 著、『西南戦争―西郷隆盛と日本最後の内戦』(中公新書)、読了。

西南戦争には以前から興味があって、読んでみたかった。本書は丹念に追われた戦闘の展開の描写が白眉だが、自分としてはむしろ、板垣退助や福沢諭吉らがどう影響を受けたかが非常に勉強になった。山県有朋は日本陸軍の祖とされるが、自ら大将としてかかわった西南戦争は一つの画期だったんだろうね。
なおこの本、久しぶりに書店の店頭で購入した書籍であった。





日本人が教えたい新しい世界史 読了

宮脇淳子 著、『日本人が教えたい新しい世界史』(徳間書店)、読了。

すごく読みやすかった。こういうエピソードより歴史観を骨子にした歴史の本大好きだ。
世界の国家はアメリカとフランスだけが特殊という意見を聞いたことがあるが、この本もそれに近いことを言っている。
確かにアメリカは特殊だ。自分の職業から、保険制度についてはかなり特殊だということを知っていたが、それが社会に通底する観念から発達したものであることが良く理解できた。
この著者の夫も著名な歴史学者だそうな。知らなんだ。しかも歴史観という点で真の歴史家と呼べそうな予感。今度読んでみよう。




エセー4 読了

ミシェル・ド・モンテーニュ 著、 宮下志朗 訳、『エセー 4』(白水社)、読了。

この本なかなか読み終わらなかった。毎晩フトンに入って読んでるからだ。最後は腰を入れて読んだ。
ク・セ・ジュという有名な言葉が出てくる。人間の理性、判断力、知識には限界があることを指摘しており、以前読んだ理性の限界という本を思い出した。
エセーは繰り返し読むべきだな。



論語 読了

金谷治 訳注、『論語』(岩波文庫)、読了。

言わずと知れた論語。いつかは全体を通読してみたいと思っていた。
周の時代の礼を重視する孔子の言行録なので、現代にはそぐわないことも多い。それ以外にも、孔子の言葉に他人をそしるような意味合いのものが結構あるのに意外な印象を受けた。名言もあるけどね。
いい機会なので、名言は書き抜いておいた。いつも心にとめておきたい言葉として身近に置くことにしよう。

徳不孤、必有鄰

君子欲訥於言、而敏於行

朝聞道、夕死可矣

學而不思即罔、思而不學即殆

道之以政、齊之以刑、民免而無恥、道之以徳、齊之以禮、有恥且格

剛毅木訥近仁

歳寒、然後知松柏之後彫也

君子恥其言之過共行也






三酔人経綸問答 読了

中江兆民 著、鶴ヶ谷真一 訳、『三酔人経綸問答』(光文社古典新訳文庫)読了。

中江兆民のことは『日本人の死生観』で興味を抱いた。思想はルソーの社会契約論と軌を一にするもの。
本書は兆民の代表的著作。もっと中江兆民のことが知りたくなった。




プロタゴラス 読了

プラトン 著、中澤務 訳、『プロタゴラス-あるソフィストとの対話』(光文社古典新訳文庫)読了。

光文社の古典新訳文庫のシリーズ、読みやすくて気に入っている。

アレテーは教えることが可能なのかを究極の命題に据えて、おなじみのソクラテスと、当時のソフィストの大家プロタゴラスが議論を展開する、プラトン対話篇の初期作品。これまでに読んだプラトンの対話篇に比べて、論敵のプロタゴラスの言い分がとても常識的で、訳者の解説のようにソフィストが教育を売り物にしているという胡散臭さについての予備知識がないと、ソクラテスの方が屁理屈を言っているように見えるというのが難しい。プロタゴラスの言うことももっともなところがあり、それに対するソクラテスの論駁に追随するのは、ソクラテスの方が正しくないとおかしいというバイアスで無理やりそう見ているのではないか?と批判的に振り返りつつ、読み進めていかねばならない・・・気がする。ある意味読者の知的求道心が試される作品だと思った。

アレテーとは、物が内的に有している優れた特性のこと。ナイフであればよく切れること、馬であれば速く走ることなどがアレテーである。ソフィストはアレテーについて教育してお代をもらおうという啓蒙的教師である。
では人間のアレテーとは何か。それがわかればアレテーを教えることの可否判断が可能と思われ、本書の後半はこの議論に集中される。結論としては、人間のアレテーとは知識である、というものになるのだが、この結論は、プロタゴラスが述べるアレテーの認識の矛盾を明らかにはしたものの、知識であれば教育することはできるはずなので、教えることはできないというソクラテスの立場もまた否定されることになる。これは、今までの議論のどこかに破たんがあるのか、それとも本質的にそういうものなのか、本書が完結してもその謎が残り、読者は各自このことを考え込むことになる。






<<PrevPageTopNext>>

プロフィール

カトリーヌ

Author:カトリーヌ
主にヨンサンを中心に作っています。作ったり作らなかったり、はなはだ不安定な模型ライフですが(^^;;)

最新記事
QRコード

QR

Visitor

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。