スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古代ローマの女性たち 読了

ギイ・アシャール 著、西村昌洋 訳、古代ローマの女性たち (文庫クセジュ)読了。

古代ローマといっても、王政期と共和政期、さらに帝政期では、女性の立場はかなり違うらしい。
最も古い王政期の女性たちは、敬意をもって尊重される一方で、非常に制限の多い立場を強いられていたようだ。そこには自分の力で物事を決めていくような態度は求められないし、女性たちも望まなかった。市民身分の男性は政治と戦争という家の外で役割を果たし、一方女性は主婦として一家の家政を安定して運営するという分担が明確になされていた。
しかしローマが周辺地域との戦争に勝利することによって、家事の多くを奴隷に任せることができるようになると、女性たちは次第に社会に影響をおよぼす実力・行動力を身につけてゆき、やがてネロの母親であるアグリッピナのような野心家まで現れるようになった。
古い時代には、人口を確実なものとするために結婚は非常に厳格で、離婚はほとんど見られなかったようだが、これもローマ市民以外の隷属身分の労働人口が増えてくるにつれて、次第に弛緩したものとなり、カエサルやアウグストゥスの時代には結婚と離婚を繰り返すものもあらわれ、貞操の観念などどこ吹く風といわんばかりの乱脈も見られたという。
その一方で、伝統的な慎ましい人生態度でもって、与えられた役割を従順に果たした女性もいたに違いないが、そうした人たちの姿は新奇・奇異ではないため、文筆家たちのモチーフにならなかったのではないかと考えられている。

文字を持った民族というのは、はるかな後世から往時のありようをうかがい知れる資料を遺してくれる。ローマ期のラテン語文書というのは膨大な量が残されているのだろうね。
この古代ローマの女性たちのイメージの変遷は、日本女性が戦後解放されて変化していくありさまと、オーバーラップして見えるところがある。こうしたところに人間社会の普遍性があるのではないかと思いを巡らすのは楽しいものだ。反対に全く異なる点を発見することもあり、そこからその後の独特な文化や歴史の成り立ちを見て取ったりするのも楽しい。
そういう意味で、大変面白い本だった。





スポンサーサイト

PageTop剣と清貧のヨーロッパ 読了

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

カトリーヌ

Author:カトリーヌ
主にヨンサンを中心に作っています。作ったり作らなかったり、はなはだ不安定な模型ライフですが(^^;;)

最新記事
QRコード

QR

Visitor

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。