西南戦争―西郷隆盛と日本最後の内戦 読了

小川原正道 著、『西南戦争―西郷隆盛と日本最後の内戦』(中公新書)、読了。

西南戦争には以前から興味があって、読んでみたかった。本書は丹念に追われた戦闘の展開の描写が白眉だが、自分としてはむしろ、板垣退助や福沢諭吉らがどう影響を受けたかが非常に勉強になった。山県有朋は日本陸軍の祖とされるが、自ら大将としてかかわった西南戦争は一つの画期だったんだろうね。
なおこの本、久しぶりに書店の店頭で購入した書籍であった。





スポンサーサイト

アンダーグラウンド 読後感想PageTop日本人が教えたい新しい世界史 読了

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

カトリーヌ

Author:カトリーヌ
主にヨンサンを中心に作っています。作ったり作らなかったり、はなはだ不安定な模型ライフですが(^^;;)

最新記事
QRコード

QR

Visitor

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム