スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米原正義著 出雲尼子一族 読後感想

米原正義著 出雲尼子一族(吉川弘文館)読了。戦国時代、山陰・山陽に覇を唱えた大名の勃興から滅亡までをまとめたもので、基本的に一次資料をもとに行われた研究が一般読者向けに書き直された感じの書籍。人物叢書 佐々木導誉と連続して読んだことで、全然知識のなかったことなのに結構ついていくことができた。
尼子という変った名字が気になっていて、いつか伝記を読もうと思っていたけれど、佐々木導誉の子孫だとはこの本を読んで初めて知った。
単純に好奇心で知りたかっただけなので、読後物思うということはあまりなかったけど、これを機会に毛利氏、大内氏なんかについても読んでみたくなった。それと、山中鹿介という人物のことについては全く知らなかった。忠義の人(不屈の人?)としてかつて人気のある武士だったようだが、自分は聞いたことがなかったな・・・。
人物叢書 佐々木導誉の方が門外漢にはちょっと厳しかったかも。ばさら大名ということで興味を持っていたのだが、読後は室町幕府初期を牛耳った新興勢力の有力者の一人という印象が強くなった。一人勝ちしたわけではなく、山名氏、細川氏などと繰り返す抗争を生き延びた様から見るに、ばさらという派手な感じとはちょっと違う印象だ。晩年には寵愛した”ミま”なる人物の行く末を心配し、剛毅な壮年期とは全く違う弱気な書状をしたためていたり、興味深かった。
このごろ日本の歴史を研究したこの手の書籍を手に取るようになったのだが、時代小説に慣れ親しんだ目にはとても硬派に映る。歴史のロマンに浸るのもいいけど、今の自分はこういう硬派な方がいいかも。
スポンサーサイト

戦国時代の天皇と公家衆たち 読後雑感

ここまでわかった 戦国時代の天皇と公家衆たち―天皇制度は存亡の危機だったのか?読了。
本書は、室町後期~江戸期初頭の公家・天皇家の実態について、最新の研究に基づいた知見を一般読者にもわかりやすく解説した書籍である。
この時代について、学校で習う歴史には公家や天皇の存在は極めて希薄であったのは、現実に存在が非力であっただけとは限らず、研究が十分に進んでいなかったからなのだ。このこと自体、素人には意外である。自国の歴史でも、調べられていないことは山ほどあるんだろうねえ。
公家が先祖伝来の役職を専門的に発達させて家業にしていく過程が興味深かった。和歌とか装束とかが紹介されていたが、こういうことに詳しい専門家は時の武門権力者にも重宝されたのである。
信長、秀吉、家康が朝廷から位を授けられるくだりも非常に興味深かった。これまでこういう大名の頂点は朝廷なんか無視してたも同然の態度だったんだろうと、漠然と思っていたのだが、必ずしもそうではなかったらしい。特に家康は、はじめは朝廷との結びつきはほとんどなかったが、最終的には彼らの存続を保護できる存在になるわけで、付き合いが長い。天皇の譲位と皇位継承者選びに関しても、譲ろうという親(天皇)の意向が第一であるという考え方だったようである。関ヶ原の合戦の頃、こんな問題に対してすりあわせがなされていたとは・・・。後の禁中並びに公家諸法度は公家を支配するためというよりも、公家の持つ特殊職能を承認して安定して存続させるという役割や意図もあったらしい。これも非常に面白い。

室町時代は、自分の中では暗黒時代のようで、とても興味をそそる。最近後南朝についての本も読んだが、南北朝が合体を果たしたその後、南朝方はどうなったのか。彼らも人間なんだから、そこでジ・エンドではなく、当然その後の人生があった。こういうところは今までほとんど気にしたことがなく、なぜ疑問に思わないのか、空恐ろしくさえある。そこにはその時代に特異的だった事情のもとに様々な忘れ去られた出来事があり、その時その時で人々が真剣に生きていた形跡があるのだ。この時代だって、現代と同じように複雑で、とても「戦乱に明け暮れていた」などと一言で片づけられない。そのありようを教えられると、現代と地続きである感じがするのである。

アンナ・カレーニナ雑感

アンナ・カレーニナ(新潮文庫)読了。
ヴロンスキーの愛情を信じたいのに不信を持って接してしまう、感情をもてあますアンナの心理描写が印象的だった。その描写は執拗とも思えるほど細かく、目を背けたくなる、耳をふさぎたくなるような絶望的なものであるが、自分の身近にもそういう人がいたので、理解に苦しむことはなかった。むしろ、アンナが出した答え(?)が・・・暗い気持ちにさせた。八方ふさがりになった孤独な魂の行きつくところは、やっぱりそれか・・・。

ところで自分は、リョーヴィンについては物語前半から好感というか、共感を覚えていた。
仕事を遂行するとき、だれかの役に立つ、良いことをしている、という意識は、前向きな誇らしい意欲を掻き立てる意味では大事なことだし、それなしではなかなかいられないが、意識の下にある、慈善とか愛情とかと無関係な、仕事・なりわいというものを動かすドライビングフォースも大事なものだ。
卑近な例だが、学生を教育するとき、その学生のためを思って過剰に力が入ってしまい、かえって問題を起こすことがある。学生は何もその教師だけにあらゆることを教わるわけでもないのに、なにもかも教えなければならないかのように気負う教師は、教わるものの幸福を願うあまり、仕事のドライビングフォースの『無心』な部分を忘れているのではないか。誰かのために何かをしてやろうという気持ち以外にも、仕事をする力は人の中にある(本能のように?)。
リョーヴィンは百姓と親しく交わり、彼らを大事にしているが、それは立場の弱い彼らを憐れんでいるからではない。子供をいつくしむようにでもない。ただ、仕事をするうえで重要なパートナーだから大事にするのだ(と自分は理解した)。自分の領地に田舎好きを自称する貴族の客を迎えるくだりに、リョーヴィンの、生業に対する考え方が描写されているように思った。
たとえばエレベーターを作る会社に勤める人は、エレベーターが好きだからその会社に入ろうと思ったわけではなかろう。薬が好きだから薬剤師になったなんて人は聞いたことがない。毎日の生業を支えているのは、好悪の感情ではなく、仕事をせねばならん、という何か別次元の動力なのである。要するに毎日の勤労は、それが好きだからやってんのかといわれると、ちょっと違う。リョーヴィンの、地方自治体に積極的に関与したくない気持ちには、そのような『人間が意識できる理性が主導する意図』に対する反発があるように思える。よく就職したばかりの若い後輩に、仕事面白い?とか仕事楽しい?とか聞いている先輩がいるが、自分は、彼らの何気ない発言が、どうも何かを取り違えているように思っていた。その理由は、上に述べたようなことが心の底にあるからなのだろう。生きるために金を稼ぐ仕事ってのは、楽しいとかおもろいとか、そういう次元じゃ語れないのだ。

このリョーヴィンの思想は、なぜ人は生きているのか、何のために生きるのかを模索する中で、哲学や理性で説明できない、人間の内的なものが命じる素朴な強制力の存在に、最終的に到達する。
人は自分の行動が善であることを願う。良かれと思って行動する。毎日の仕事も、それがいつかは誰かの役に立つことだと思えるからこそ、より良くしようと努力できる。では人は『善のため』に生きるのか?なぜ『善』を目指すのか?

しかし、「善には目的がない。善には報いもない。目的や報いがあるならば、それは善ではないのだ。」

プラトンに、人にとって究極の目標は幸福であって、なぜ人は幸福を求めるのか、は、もはや理由を考察する必要はなく、自明としてよい、とある。リョーヴィンの思索は、自明のその先、『善』がどこから来るのかを探っているようにも思える。
人は何のために生きるのか。善のためか?ではなぜ善を求めるのか?(生きるためではない。善に則っていなくても、人は死にはしない)
目的があるとしたら善ではない。とすると人は何のために生きるのか・・・。この堂々巡りは、人が理性によってものを考える限り止むことはない。(古代ギリシャの哲学者は、善であることが心地よいから、それを志向するのだと考えたようだが。)
作者トルストイがその分身たるリョーヴィンを通じて出した答えは、それは神のためだ、ということのようだ。これに対する批評や解釈の努力はことごとく理性によるので、考えるのではなく、感じることが大事なのかもしれない。人間の行動を意識下で命じる内なる声、言われてみれば確かにそれは、神、とぐらいしか形容できないかもしれないが、自分の中では神を結論にしたくない。といっても、神に代わるアイディアも今のところない。人はなぜ生きるのか。その答えは、まだ自分としては、保留とせざるを得ない。

いや~アンナ・カレーニナ、読み応えあった。こんな有名な本、とっくに読んでなきゃいけないのかもしれないけど、昔の自分には無理だな。若いころに読んでも表面的なことしか追えなかったでしょう。40代の今読んでこそ、噛みしめるところ多し。

PageTop

プロフィール

カトリーヌ

Author:カトリーヌ
主にヨンサンを中心に作っています。作ったり作らなかったり、はなはだ不安定な模型ライフですが(^^;;)

最新記事
QRコード

QR

Visitor

カレンダー

02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。