スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F1 スペインGP感想

ここ数年のF1でもトップ5に入る大事件が起きました。話題の若手ドライバー、マックス・フェルスタッペンが、史上初、10代でF1優勝という快挙を成し遂げたのです。
間違いなく歴史的瞬間であり、これを生中継で見られたのはまことに幸運であったと思います。
もちろん彼の優勝がもたらされた要因として、メルセデス2台の同士討ちリタイアという事件があり、途中まで彼よりも勝利に近かったリカルドの戦略的失敗という偶然も見過ごすことはできないのですが、それを差し引いても、あの若さでの初優勝、ましてや移籍後初戦という困難な状況の中で成し遂げたというこのリザルトが偉業であることはまぎれもないことですし、独走の楽なレースではなく、終始ライコネンのプレッシャーを受け続けながら走り切った末に勝利をつかんだというのですから、これはもう絶賛に値するといえるでしょう。
とはいえ、とにかく驚き。まさかこうなるとは・・・というのが率直な感想です。

スタートはニコがハミルトンのスリップについて、1コーナーでアウトからオーバーテイク、しかしなぜかスタート時のエンジンモードの選択が間違っており(ミスか?)、3コーナーへの加速が悪かった。そのせいでスキありとみたハミルトンがインを刺したんですが、ニコは当然ブロック。そしてグラスにはまったハミルトンがコントロール不能になってニコに突っ込んでしまい、両者リタイア・・・と。どっちが悪いとかは一概に言えないかもしれませんが、ハミルトンが強引すぎたという見方が支配的ですかねぇ。私としてはニコの連勝が止まっちゃったのが残念ですが、もし勝ってたらあのマンセルとシューの記録に並ぶわけで・・・いや、確かにニコ様はマンセルと同じように無冠の帝王と言われてるけど、あのずぶといマンセルと並ぶのは違和感あるわーー(^^;;)。どっちかっていうとハミの方がマンセルのエゴティスティックな振る舞いを思い出させるし。シューマッハと並ぶのはもう、口に出すまでもなし。それに準ずる記録で止まるのはむしろニコにはちょうどいいんじゃないの(^^;;)。
一方のハミはグラベルで珍しく顔を手で覆う仕草なんかしちゃって、マズったって自覚あるのね(^^;;)。悠然と構えてて油断ならないように見えたけど、内心穏やかじゃなかったのかなあ。
ここでハミが反撃の出鼻をくじかれたのは流れ的に痛かったですね。この先同じような場面に出くわしたら、ニコが何をしてくるか、はっきり悟ったでしょう。

それ以外もかなり面白いレースだったと思います。マックスvsキミだけでなく、ベッテルとリカルドも終盤かなり緊張しましたね。リカルドはガッツあるよねえ。もっと勝たせてやりたいよ。次のモナコはレッドブル速そうですよね(^^)
いいとこ走ってたアロンソがリタイアしちゃったのは残念でしたが、バトンは第1セクターで苦しみながらも第3セクターで稼いで入賞!こちらもモナコとかに向いてる車のようなので、次戦が楽しみ。

序盤にサインツがジャンプアップして3位を走ったのにはすっごい期待したんだけど、残念ながら所詮はトロロッソでしたか。でも最終的には6位。ズルズルいかなかったのは立派でした。レッドブルとフェラーリが2台残ってるんだから、あとは上にボッタスだけ。だから6位ってのはかなり上位でフィニッシュしたことになりますよね。クビアトも悪くはなかったけど、完全にかすんじゃったな。FP1でシートの干渉部位を削って調整してたくらいですから、フェルスタッペンとはチームの準備のレベルが違ったのかもね。でもトロロッソは今年も車の素性はよさそうだから、頑張ってほしい!

注目のハースは途中までグロージャンが良かったけど、終わってみるとグティエレスのほうが11位と入賞目前。ちゃんとバトルしてましたね!参戦初年度のチームだろ?ブランクのある元最後尾ドライバーだろ?こういうクルマは17位あたりが定位置ってのがここ数年のパターンでしたが、ハースは違うねえ。マノーもアップデートを持ち込んできてたらしいし、間違いなく今年は戦力が拮抗しつつあるぞ。いや~~今年のF1面白い!はやくモナコやんないかなーーー(^^)




スポンサーサイト

F1ロシアGP感想

今更ながらロシアGPの感想。だったらいいな~と思っていた、ロズベルグの4連勝で閉幕したわけですが、なんといってもこのレースにまつわる話題で最大のネタは、クビアトの誤爆とその後の顛末でしょうなーー。
多くの人が指摘する通り、2コーナーの入り口でクビアトがブレーキを遅らせすぎて、前にいたベッテルのオカマを掘った、と。それでパニックったのもあるでしょうが、クビアトはその直後のコーナーで、再度ベッテルに追突。こんな短時間で同じ車に2回ぶつかるという事例を初めて見ました・・・。そしてそのわずか3日後、クビアトのトロロッソへの降格と、フェルスタッペンのレッドブルへの昇格が発表されたわけです。まぁチームとしては以前から考えていたんでしょうが、このタイミングですから、どう考えてもクビですな。クビアトだけに(^^;;;)。
挫折のクビアトは気の毒ですが、こうなったらトロロッソで新規まき直しで頑張って、輝きを取り戻して欲しいね。そしてフェルスタッペンがどんな走りをするか、次のスペインの最大の興味はこれになりましたな~~。早く見たい!!

その他にも、ガンガン追い抜くハミルトンとか、見どころの多い面白いレースだったと思います。オーバーテイクが難しいといわれていましたが、結構追い抜きあったよね?バトンもバトルしてたし、この集団は延々と車列になってて緊張感あったと思います。その一方でマグヌッセンはどうにかこうにか耐えきってルノーに入賞をもたらすし、グロージャンはまたしてもジャンプして入賞するし。アロンソもついに入賞したしね。予選も惜しかった。あと少しでQ3だったのに。でもバトルできたってのが明るい材料なのは間違いない。今後が楽しみです。
今のところザウバー以外は、ポジティブな要素が見えてますが・・・ザウバーはどうなっちゃうんでしょうねぇ。アルファロメオが買収する話はなくなっちゃったんですかね。BMWザウバーの頃が懐かしいよ。

タイヤ選択はちょっとはずれでしたね。ミディアムが機能していたらリカルドなんか復活したかもしれないけど、残念ながら毎回そううまくはいかないのでした。
リカルドといえば、FP1の最初だけ、キャノピーつけて走りましたね。走ってる姿もなかなか悪くないんじゃないかな?(CSなので毎戦FP1から見てるんです)。ああ見えて非常に強度もあるみたいですし、私はハロよりは好きですね。たぶんもっとスタイリッシュにデザインがこなれていくんじゃないかと思います・・・が、無いに越したことはないかなぁ(^^;;;)。

予選はベッテルの降格が決まっていた上にハミルトンが途中で走れなくなっちゃいましたので、あんまり面白くなかったな。10位からスタートして2位フィニッシュはハミルトンとしては絶対必要なリザルトではあったでしょう。ニコを応援する私としては、もうちょっとハミにはおとなしくしててほしいかも。そうね、少なくとも100点差くらいないと不安だなぁ(爆)。




F1中国GP感想

ニコ・ロズベルグの楽勝で終わった中国GP。ニコだけバトルやトラブルとほぼ無縁だったので、終わってみれば楽勝でしたが、どうもニコだとそのままフィニッシュできるか安心できないんだよねえ。ハミが近くにいたらどうだったか・・・開幕3連勝してチャンピオンにならなかった人はいないそうですが、これもニコだと安心できない。つか、ハミが相手だから全くもって安心できない(^^;;;)。あのデイモン・ヒルもチャンピオン取れたわけだけど、ジャック・ビルヌーブと今のハミルトンでは、どう考えてもハミのほうが手強い気がしますがな。ニコ様がんばれ~~~!

今回も2位以下はバトルだらけで面白いレースだったと思いました。やっぱり使えるタイヤの種類が増えたのは大きいですよ。
レッドブル侮れないですね。リカルドは不運でしたが、後輪バーストで4位は大健闘でした。セーフティカーが出たことでリカバリーできたという面もありますが、あれがなければクビアトと一緒に表彰台だったかも。
一方のクビアトはラッキーでしたね。ベッテルがよけられたから良かったけど、ぶつかっていれば1週目で終わっていても不思議ではなかったもんね。後ろからもクルマ来てたし。レース後のベッテルとクビアトの会話が国際映像で流れてましたが、今までになくクリアーに声を拾っていたような気がしません?こういうドライバー同士の口論は昔からあったと思いますが、視聴者の目に触れるのは珍しいですよね。興味深かったワー。

ライコネンもハミルトンも1週目の事故からオーバーテイクしまくって上位フィニッシュは立派でした。スーパーソフトを1周だけ走って捨てる戦略をとっさに考え付くメルセデスすごい!ハミはほとんど最後尾から表彰台に乗ったこともあるので、もっとリカルドまで近づくかと思いましたが、さすがにマシンにもダメージを負ってしまった今回は神通力も効かなかったか。ライコネンも17位から優勝したことのある猛者ですが、この人たちは後方から鬼のように追い上げるレースの方がワクワクするよね。

それにしてもスタート直後に接触が複数あったにもかかわらず全車完走というのは意外でした。ハースのグロージャンも今回はウィングを壊してしまって後方に沈んでしまい、ぱっとしなかったですね。ひそかに応援しているマノーのウェーレインはドサクサ紛れとはいえ一時4位を走行。全車完走の中でビリじゃなかったのは、今年のマノーはそれなりの戦闘力があるってことでしょう。予選も最下位じゃないし、決して遅くないぞ。ルノーとザウバーがぐずぐずしている今がチャンスだね。そういえばマノーのノーズコーンの形状は、流行の鼻ヅラノーズではなく、コンサバティブなウェッジシェイプ。今年のマシンの中で一番カッコいいと思います。

マクラーレンは惜しかった。Q2でインドのタイヤが外れるというありえないトラブルが起こらなければQ3行けたでしょうからね~~。例の今年の予選形式だとQ3は8台なんだけど、中国からは去年と同じになって上位10台でQ3だったから、それなら行けた可能性は高かったんじゃないですか。レースはミディアムタイヤで2ストップという作戦がうまくいかなかったけど、間違いなくインプルーブしてる!中盤戦以降のヨーロッパラウンドは楽しみですね。しかし色といい形といい、どうしてもカッコいいクルマに見えないんだよな~~。そこが残念。

今年のF1マシンはどれもあんまりかっこよくなくてクサクサしてましたが、しいて言うならメルセデスはましなほうですね。楕円横型のインダクションポッドは気に入らないけど、もしニコのチャンピオンカーになったら作りたいな。スタジオでもいいから(^^;;)。1/20がいいですね。1/43はペトロナスのグラデーションとか、デカールがイマイチなことが多いし。

次はロシア。タイヤ選択肢はあんまり関係なさそうだけど、今週のソチは気温9度だって!これは去年と全然違うゾ。別の意味で楽しみですよ。
しかし2週間おきにF1見られるのはいいねえ。レースが増えて大変だろうけど、私は毎年20戦くらい見たいです。





F1 バーレーンGP感想

今期のF1第2戦バーレーンGPを視聴。スタートでハミルトンがまたしてもミスったせいで、ニコが楽勝。このままいくわけないとは思いつつも、今年はひいきのニコにチャンピオンを取って欲しいなぁ。
首位争いは無風でしたが、それ以外のポジションでバトル満載。面白いレースでしたね。
ハースの5位は立派の一言。開幕戦と違ってラッキー要素のない実力での5位だもんね。まあ上位陣の中でベッテルがいなかったけど、仮にいたとしても6位だろうし。いや~ハース熱いです。グロージャンも熱いです!
ハースの健闘の一番の理由は、スーパーソフト3連発という極端な戦略が車体特性とマッチしたからでしょう。タイヤの使い方に幅ができたのは今年一番良かった規則変更じゃないかな。オーストラリアもそうだったけど、確かに今年のレースのタイヤ戦略は面白いです。
あと、ウェーレインとバンドーンが良かったね。ウェーレインはマノーのマシンで立派にバトルしてたし、バンドーンはF1GP初体験にもかかわらず急遽参戦というハンデを跳ね除けて10位入賞。たいしたもんです。
バーレーンGPはほんと面白いレースでしたわ。次の中国も楽しみだ!

PageTop

プロフィール

カトリーヌ

Author:カトリーヌ
主にヨンサンを中心に作っています。作ったり作らなかったり、はなはだ不安定な模型ライフですが(^^;;)

最新記事
QRコード

QR

Visitor

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。